個性的な新築物件と中古物件の違い

相談

中古物件の価格が新築物件の価格より高い物件も多い点が長岡京市の不動産物件の特徴で、中古の戸建住宅でも価格が5000万円以上になる物まであります。ただしその場合は販売者が購入前に改装してくれる条件で市場取引されていることも高く、中古でも新築同等のマイホームが手に入る可能性が高いです。また長岡京市内には街開発が行われている区画が存在し、新しい家の購入を希望している方の需要を満たすことにも成功しています。坪単価にすると凡そ110万円から120万円で相場が動いており、最寄り駅から徒歩で20分未満なので仕事を含めた生活の利便性も高い特徴があります。一方集合住宅の取引物件の多くは、令和記念と称してリフォームや改築を行っている特徴があるので、築年数があっても生活環境の機能性に困ることはありません。

需要の秘密は現地の生活環境にあり

男女

集合住宅の取引市場の中でも、長岡京市はマンションよりもアパートに需要が集まっている傾向があり、これはアパートでも3LDK以上の広さがある不動産が購入できるためです。太陽光も南方向にバルコニーや窓があるタイプが多く、洗濯物への影響を危惧する事なく購入できる点も人気の要因になっています。また集合住宅の場合は付近にバス停のある不動産物件が多いので、最寄り駅からの距離を気にしなくても購入できる点がメリットの一つです。さらに中古物件でも耐震規定の改正後に建築された集合住宅が多いので、高い耐久性に対して人気が集中している傾向もあります。内装を気にする方は空き家になっている物件を注目することが多く、不動産屋に問い合わせればいつでも見学できるので、満足度の高い不動産取引ができる点も人気の秘密です。

結局どの物件を購入すれば良いのか

男女

長岡京市で自身の希望する不動産物件を購入するには、最初に改装を取引条件に設定している中古住宅が購入候補としてお勧めします。中には住居自体を取り壊しても、建築条件が緩く設定されているタイプもあるので、土地を購入して新たな住居を建築する方法もあります。この場合取り壊し費用は販売者が負担する取引事例も多く、新築物件を可能な限り安く購入したい人に最適な取引内容です。土地だけの価格は専有面積が80平方メートル程で大体2000万円から3000万円に推移しており、これに家の建築予算を併せても6000万円程で購入できます。ただし長岡京市で取引されている居住向けの不動産物件の多くは、バルコニーや広い庭等が付いている物が多いので、リフォーム料金だけで住み心地の良い家が手に入る可能性が高いです。特に平成28年以降に建てられた物件は、外装だけでなく内装も新しいままの空き家として残っているので、それらを狙い目にして物件を購入する方法をお勧めします。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3